LINE連携とは

『LINE連携』とは、POINTQUIC と 店舗の公式LINEアカウントをシステム連携することです。
※すでに店舗でご利用中のLINE公式アカウントでも連携できます。(利用形態によっては連携不可の場合あり)
LINE連携により、次のことが実現します。
【1】POINTQUICのポイントカード(会員証)を、LINE画面上に表示できる
【2】LINEの機能をバージョンアップできる
 2-1)LINE通知のプッシュ配信をセグメント配信できる
 2-2)LINE通知のプッシュ配信をステップ配信できる
 2-3)LINEのコンテンツを自由なデザインで作成できる
 2-4)GoogleFormへ外部連携できる(Formにユーザ情報の埋め込みができる)

ポイントカードはLINE公式アカウント

店舗のLINE公式アカウントにお友だち登録すれば、LINE画面上にQR会員証(ポイントカード)を表示します。
QR会員証は自由にデザインできます。


LINEの機能をバージョンアップ【1/4】:セグメント配信

通常のLINEアカウントでは、LINE通知の配信は全配信ですので、一部のユーザに限定した内容を配信することができません。
例えば、昨日来店したユーザに「昨日はご来店ありがとうざいました。またのご来店をお待ちしています」といった通知を配信することにはできません。



LINE連携することで、LINE通知のセグメント配信ができるようになります。

POINTQUICから配信先リストを指定できますので、LINE通知を配信先リストに限定して配信することができます。

LINEの機能をバージョンアップ【2/4】:ステップ配信

お友だち登録日、来店日、誕生日をきっかけにして、LINE通知の配信シナリオを設定することができます。
例えば、次のような配信を自動化できます。
【サンキュー通知】
 来店ユーザへの「昨日はご来店ありがとうございました。またの・・」
【次回施術のご案内】
 来店ユーザへの「前回ホワイトニングから3ヶ月経過しました。次のご予約をご検討ください。」
【HappyBirthday通知】
 誕生日ユーザへの「お誕生日おめでとうございます。つきましては・・」

LINEの機能をバージョンアップ【3/4】:コンテンツデザイン

通常のLINEアカウントでは、コンテンツはテンプレートで作成するので、次のようなコンテンツの作成ができません。
・テンプレートより大きなサイズのコンテンツ
・ボタンなどのレイアウトをカスタマイズしたコンテンツ
・表記内容をユーザごとに可変したコンテンツ

LINE連携することで、上記ようなカスタマイズに対応できるようになります。


さまざまなレイアウトでの作成が可能です。

LINEの機能をバージョンアップ【4/4】:GoogleFormとの連携

POINTQUICに保存されているユーザ情報は、LINEを通じて、google form と外部連携できます。
外部連携により、LINE画面からgoogle formにアクセスした際に、ユーザ情報をgoogle formに自動埋め込みすることができます。この機能は、既存ユーザーにアンケート調査の際に便利に活用できます。

連携済みLINEアカウントの事例

WHISKYBAR縁 QueensWAX 株式会社花次郎 アジア食堂グループ
包丁やグループ ラムしゃぶ金の目 株式会社リバティフィール 将泰庵
たにどうダンスワールド 東郷倶楽部 東京都中央卸売市場 世田谷市場 クラブ祇園
三井不動産 DDS_Matrix Dubarry×burlywood COMMON
>> TOPへ戻る